光の庭

地中海と高知の光に出会う庭

この庭は本家フランスには存在しない世界で1つの「モネの庭」です。海や山の借景も庭の一部と考え、高知の自然のなかで、どこにも存在しないただひとつのモネの庭として2008年誕生しました。オリーブやハーブ類、ヤシ類、ソテツ、アロエ、ユッカ、リュウゼツラン、ジャスミン、ブーゲンビリアなどの地中海の植栽と、柚子をはじめとした柑橘類、堆金菊、ジャケツイバラ、シオ菊などの身近な植栽をあわせる事で、高知ならではの庭造りを続けています。

画像:モネの夢であった青い睡蓮
画像:樹の下で麦わら帽子をかぶっているモネ

Monet et Jardin“Strada Romana”

モネの絵画:“Strada Romada” 写真:北川村「モネの庭」の “Strada Romada” そっくりの様子
画像:黄色や赤の花が咲く季節の光の庭。

43歳の頃にルノアールと旅した地中海。その旅でモネは多くの絵を描いています。「光による色彩」に強い印象をうけたそれらの作品はその後の創作活動を知るうえでの重要なポイントだと言われています。
その描かれた風景、旅と作品をテーマとして庭を造るという世界でも初めてのプロジェクトが本家「モネの庭」の庭責任者ジルベール・ヴァエ氏の発案と協力により実現しました。それが「光の庭」です。

イラスト:帽子をかぶって椅子に座るモネ