2018.09.22 2018.12.10

志国高知幕末維新博外伝 第三章「印象派と浮世絵のボタニカルアート展」─中岡慎太郎たちが切り開いたジャポニスムの流れ─

開催中

北川村出身の維新志士・中岡慎太郎とクロード・モネの同時代性を軸にした企画展の第三章。
慎太郎とモネ、両者と関係の深い北川村で、晩年モネがテーマとした花々や自然の移ろいなどの絵と、印象派と浮世絵の関連性をテーマとした展示を実施。

目で見て感じる展示会となっています。
ぜひご来場ください。

開催日 2018年9月22日(土)~12月10日(月)
開催時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
入場料 無料(庭の散策には入園料が必要)
会場 フローラルホール(北川村「モネの庭」マルモッタン内)